小果樹園

4月から始まりました、福島テレビ みんなのニュースさんとの共同企画!

当園のさくらんぼ・桃・りんごを、みんなのニュースの皆様と一緒に果樹の一年を追います。

 

季節は秋になりました。

六回目の放送は、みんなの果樹園 主任の豊嶋アナウンサーと、福盛田アナウンサーです。

 

今回は、桃の選果から箱詰めまで、出荷までの一連の作業を行いました!

そして、桃の次の果物!リンゴの現在の様子を[樹]д・)チラッ とお見せいたします。

 

前回放送が7月24日でしたので、ふた月ほど間が空いてしまいました。

その間、8月1日には「おしえて斎藤さん」にて天気予報士の斎藤さんが桃の収穫作業を。

8月26日には、郡山で開催されました表参道マルシェにて浜中アナが桃の販売のお手伝いに駆けつけてくれました。おかげ様で表参道マルシェは大大大盛況でした。

今回の放送で、その時の様子が紹介されております。

マルシェに来て下さった皆様、ありがとうございました!そして浜中アナ、お疲れ様でした!

 

と、そんなこんなで今回の作業は、桃の出荷作業です。

品種は、「幸茜」という比較的新しい桃です。当園で扱っている桃の中では、一番遅い時期の品種となります。

 

収穫された桃は、クッションを敷いた平箱で作業場まで運ばれ、選果という作業を行います。

キズや痛み、過熟度(柔らかさ)などを目と手で持った感覚で判断し、園長の厳しい目に適った桃だけを選果機と呼ぶ機械に乗せて重さごとにサイズを分けていきます。

この判断は熟練の経験が必要なため、園長にしか出来ない重要な作業なのです( +・`ー・´)

 

サイズ分けされた桃に、フルーツキャップをかけていきます。

手早く、素早く、優しく、さっさとフルーツキャップをかけられた桃を、箱に詰めて完成です。

映像は3Lサイズの3キロ箱になります。

 

その日の朝、収穫した桃は、当日の夕方には宅配業者さんへ預けられ、早くて翌日にはお客様のお手元へと届けられます。

今年の夏は、梅雨の時期に晴天に恵まれ、いざ収穫となれば悪天候に見舞われ……

一日で1つの品種をすべて収穫してしまうこともありました。

桃はとってもデリケートな果物なので、収穫したら発送までノンストップ!明日に……なんて悠長なことはできません!まさに時間との勝負になりますヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ

 

休憩をはさんで、向かったのはリンゴ畑。

収録日の9月中旬頃のリンゴは、色付き始め。太陽にあたっている部分だけ、ちょっと赤くなり始めていますよ!

強風がリンゴの天敵!!強い風が吹かないことを祈るばかりです。

 

 

 

次回放送は、りんごの管理作業の様子が放送される予定です。

お楽しみに♪