福箱の発送も完了し、ようやく今年のりんごも終了です。

 

今年を振り返ってみれば、色々とありました。

空梅雨だったおかげで、さくらんぼは例年にない大豊作。

あかつきまでは良かったんですけどね。以降の桃はずっと雨の中。数日晴れてくれれば……いえ、せめて曇りならば!!と何度思ったことか。

桃が終わった途端に雨が止んで、空に文句を言いたくなりました。

なんて思っていたら、一気に気温低下。吾妻山の初冠雪も驚くほど早く、紅葉もそれはもう美しく。

でも、土日は雨。そして強風が吹き荒れ、割とあっという間に散ってしまったような気がします。

そう、吹っ飛ばされたんですよ。りんごも。今年はとても出来が良かっただけに残念でなりません。

 

さて、収穫物がある間はなかなかリアルタイムな話題をこうして記すのも難しく、毎年ご報告が遅れてしまうのですが、今年も福島大学行政政策学類の佐々木ゼミにて、特別講師として講義にいって参りました。

 

DSC05053 DSC05056

 

パワーポイントを使って、食育や食の安心・安全についての講義を行いました。

農と食、加工と販売、色々とお話しをさせていただきました。

 

DSC05057

 

講義を受けてくれているのは1年生。

質疑応答も含め、90分などあっという間に過ぎてしまいました。

講義室での講義の後は、現場見学です。

 

 

 

学生さんが10人と佐々木先生と加藤教授がいらっしゃったのは、11月30日。

 

3

 

写していませんが、今年は収穫量も多かったので、例年以上にコンテナが山積み。

 

2 1

 

まるで迷路のように隙間を縫って移動です(笑)

講義で話をしただけでは伝えきれないことも多く、実際に目で見て、食べて、体験できる現場に来て貰うのは大事なことです。

この時、お客様も何組みかいらっしゃって多少慌ただしくなってしまいましたが、何とか伝えるべきことは伝えられたかと思います。

 

4

 

恒例の糖度 & 蜜 チェック!!

写真は、糖度を測っているところです。糖度計に果汁を数滴たらし、光りの方を向けて計測します。

蜜チェックは『蜜の調べ』という、下から光りを当て、透け具合で蜜入りを調べる道具です。

当園で出荷しているリンゴは、必ずこの機械を当てています。

実は、目では見難い皮の近くまで細かく蜜が入っているんです。

 

5500

 

最後にみんなで記念撮影。恒例ですね。

これからも、毎年学生さんたちと交流をしていけたらと思います。